読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Artが右脳を刺激する! by GGT

Gallery Guide Tokyoが運営するゆるめのアート関連ブログ。

クイズ!このアートはなんだろな!?#2 山田宴三 「虹の絵」編

さあ、今回は靖山画廊さんで開催している

山田宴三さんの個展「虹の絵」からの出題です!

ブレた写真のような絵画ですが、彼が何を伝えたいかわかりますか??

それでは、早速スタートです!

 

1枚目!

ここはどこでしょう?( ´∀`)

f:id:ktma3105:20170424191314j:plain

 

2枚目!

女性っぽい!露出度多め!笑

f:id:ktma3105:20170424191318j:plain

 

3枚目!

どっかで見たことありますね^^

f:id:ktma3105:20170424191812j:plain

 

さあ、いかがでしょうか?

それでは答え合わせです!

 

彼が重要視したことは「今」という瞬間を表現すること。

プリズムの原理で光を分解して虹ができるように、

今の出来事を分解することで、「今」起きていることを顕在化しようとしました。

だから「虹の絵」というタイトルにしたそうです。

 

さらに、「今」という一瞬は、被写体だけでなく、描き手も動いているはずで、

双方は動きながら世界が流れているため、このようにブレた絵で

双方が動いている今を切り取っているのです。

また、モチーフも現代を表現するものを取り上げています。

 

さて、なぜ、彼は「今」にこだわっているのでしょうか?

それは、時間に追われがちな現代人は、

思いの外、「今」という時間をないがしろにしがちですよね。

 

地に足を付けて、「今」を見据えてみると、自分のこと、家族のこと、

世の中の社会問題など、いろいろなことが見えてきます。

忙しさを言い訳に、仕事より大事なことを見落としていませんか?

 

あなたは「今」を生きていますか?

 

今日はこんなところで^^

 

こちらの個展は4/28までなので、ご覧になりたい方はお急ぎください!

詳細はこちら↓

----------------------------------------------

作家名:山田宴三
展覧会名: 虹の絵
画廊:靖山画廊
   〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-16
   銀座アビタシオン1階
会期:2017年04月17日(月) - 2017年04月28日(金)
営業時間:11:00-19:00 日曜休廊
     ※土曜・最終日は17:00まで

 

※本記事は、あくまで一意見として、ご参照ください。
アートは見る人によって、その意味や印象は十人十色です。
今回ご紹介させて頂いた以外にもたくさんの見方がありますので、
ぜひ、実際に体感して、自分なりに考えてみてください^^

クイズ!このアートはなんだろな!?#1 和田真由子 「建物」編

4/22から児玉画廊で始まった和田真由子さんの個展 「建物」!

木板に構造物を描く彼女の絵は何を表現しているかわかりますか??

 

こり固まった頭をほぐして、少し考えてみてくださいー^^

 

1枚目ー!

f:id:ktma3105:20170424183842j:plain

 

2枚目ー!

こちらは紙粘土のようなもので描いているらしいです。

さあ、わかりますか??

f:id:ktma3105:20170424184319j:plain

最後の3枚目ー!

こちらはニスで描いてます。

伝わってきましたでしょうか?笑

f:id:ktma3105:20170424184324j:plain

 

以上!

 

いかがでしたでしょうか??

答えはこちらです!

 

彼女は建築にも興味があり、建築の考え方を絵画で表現したらしいのです。

本当の建築ではできない表現を絵画では表現できるため、

あえて、実際の建築ではありえないような描き方をしています。

 

例えば、普通は立体感を見せるため、手前や奥の面を計算して、描きますが、

彼女は違います。

奥の面を手前に描いたり、建造物として、成り立たないような構造にしたり、

りんごが手前に置いていたり・・・

 

絵画という手法を使って、建築の既成概念を覆しながら、

新しい表現を模索して、出来上がった作品なのです。

また、彼女は頭に描いたイメージをなるべく手を加えず、

そのままキャンバスに置くことを大事にしているみたいです。

あるがままの姿を表現したいという彼女の素直さが出ているのではないでしょうか^^

 

他にもたくさんの作品が展示されているので、ぜひ、足を運んでみて下さい!

詳細はこちらです。

 

作家名: 和田真由子 (Mayuko Wada)
展覧会名: 建物
会期: 4月22日(土)より5月27日(土)まで
営業時間: 11時-19時 日・月・祝休廊

児玉画廊/Kodama Gallery

〒108-0072 東京都港区白金3-1-15
URL: www.KodamaGallery.com

 

※本記事は、あくまで一意見として、ご参照ください。
アートは見る人によって、その意味や印象は十人十色です。
今回ご紹介させて頂いた以外にもたくさんの見方がありますので、
ぜひ、実際に体感して、自分なりに考えてみてください^^