読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Artが右脳を刺激する! by GGT

Gallery Guide Tokyoが運営するゆるめのアート関連ブログ。

クイズ!このアートはなんだろな!?#2 山田宴三 「虹の絵」編

さあ、今回は靖山画廊さんで開催している

山田宴三さんの個展「虹の絵」からの出題です!

ブレた写真のような絵画ですが、彼が何を伝えたいかわかりますか??

それでは、早速スタートです!

 

1枚目!

ここはどこでしょう?( ´∀`)

f:id:ktma3105:20170424191314j:plain

 

2枚目!

女性っぽい!露出度多め!笑

f:id:ktma3105:20170424191318j:plain

 

3枚目!

どっかで見たことありますね^^

f:id:ktma3105:20170424191812j:plain

 

さあ、いかがでしょうか?

それでは答え合わせです!

 

彼が重要視したことは「今」という瞬間を表現すること。

プリズムの原理で光を分解して虹ができるように、

今の出来事を分解することで、「今」起きていることを顕在化しようとしました。

だから「虹の絵」というタイトルにしたそうです。

 

さらに、「今」という一瞬は、被写体だけでなく、描き手も動いているはずで、

双方は動きながら世界が流れているため、このようにブレた絵で

双方が動いている今を切り取っているのです。

また、モチーフも現代を表現するものを取り上げています。

 

さて、なぜ、彼は「今」にこだわっているのでしょうか?

それは、時間に追われがちな現代人は、

思いの外、「今」という時間をないがしろにしがちですよね。

 

地に足を付けて、「今」を見据えてみると、自分のこと、家族のこと、

世の中の社会問題など、いろいろなことが見えてきます。

忙しさを言い訳に、仕事より大事なことを見落としていませんか?

 

あなたは「今」を生きていますか?

 

今日はこんなところで^^

 

こちらの個展は4/28までなので、ご覧になりたい方はお急ぎください!

詳細はこちら↓

----------------------------------------------

作家名:山田宴三
展覧会名: 虹の絵
画廊:靖山画廊
   〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-16
   銀座アビタシオン1階
会期:2017年04月17日(月) - 2017年04月28日(金)
営業時間:11:00-19:00 日曜休廊
     ※土曜・最終日は17:00まで

 

※本記事は、あくまで一意見として、ご参照ください。
アートは見る人によって、その意味や印象は十人十色です。
今回ご紹介させて頂いた以外にもたくさんの見方がありますので、
ぜひ、実際に体感して、自分なりに考えてみてください^^